なぜ日本に来たの~完結編~

Posted on Posted in パイプオルガン, 職人ミヒャエル

DSC_1208

 

 

 

 

 

 

前回のつづき

 

北海道黒松内町の町営住宅に一晩とまり、ミヒャエルはドイツへ帰っていきました。ドイツでの最後のオルガンプロジェクトが残っていました。このプロジェクトはそれから1年かかりました。

ドイツでの家を片付けた私たちは、家具や車はすべてミヒャエルのオルガン工房へ置いてきたのです。

黒松内町に着いた私たちは、家族全員高熱を出していました。日本の住所が定まっていなかった私たちには、保険証がなく、医者にもいけませんでした。まだ赤ちゃんだった長男は、離乳食も始められず、母乳だけで来ました。

こんな雪、初めて見た…。

豪雪地帯、根雪、などなど初めて聞く言葉ばかりでした。吹雪も初めて体験しました。引きこもりになり始めていました。

 

もう、いい加減、落ち着かないと、家族が壊れる。

そう感じた妻は、まずは車を購入すべく、埼玉にいる兄(中古車屋をしている)をたより、安く車を購入させてもらいました。

車が黒松内町に到着するまで、それから1か月かかりました。

その間、ご近所の方々に助けていただき、役場の手続き、銀行開設、洗濯機を借り、せめてもの食事をするテーブルも借りて、食器や簡易的な家具も一人でそろえました。

ミヒャエルがドイツに戻り、家具を黒松内町まで船便で手配しました。

日本に上陸してから、自分たちの家具と生活できるまで、半年がかかりました。

この土地で、しっかり足を踏みしめて生活をしていこう。

ミヒャエルの留守の間、私たちの居場所を作っていこう。そう決心したのでした。

2014年、ミヒャエルがいよいよ日本に移住しました。地域の方と触れ合いながら、少しずつ落ち着き始めました。

黒松内町にあるチーズ工房『アンジュドフロマージュ』さんのバルコニーを間借りして、ドイツから家具と一緒に運んできた、パイプオルガンも設置させていただきました。

妻・光子がそのオルガンで2回ほどコンサートをさせていただきました。本当にご縁が広がり、感謝でした。

 

現在は、ニセコ町に住み、ミヒャエルの新オルガン工房を建設中です。しっかりと大地に足をつけ、一歩ずつ地域の方々と共に、歩んでいきたいと願っています。

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です