はじめまして!

はじめまして!オルゲルバウ マイスターの「クライス ミハエル Michael Kreisz」です。

 

オルガン クライス ミハエル michael kreisz

 

2015年、ニセコにやってきました。

過去35年いわたり、南ドイツを拠点にパイプオルガンを製作してまいりました。
オルガンのみならず、チェンバロ製作も、現在は手がけています。

 

kreisz-orgeibau

 

小さな移動式のオルガンや、足で踏んで空気を送り込む「リードオルガン」。
また、ホールや教会に設置される大きなオルガンなど、幅広く手掛けてきました。

ドイツのオルガンは、過去様々なオルガンビルダーが製作し、有名な作曲家たちがその音色を響かせ、人々に沢山の感動を与えてきました。また、ドイツのみならず、フランスやイタリアなど、それぞれの国にあったオルガンが、そのスタイルや音色、またデザインや建物にあった音色や響きが、その国のオルガンビルダーによって製作されてきました。

 

オルガン クライス オルゲルバル kureisz orgelbau

 

クライスミハエルが作るオルガンは、ドイツ人でありながらも、繊細であり、強さを持ちながら、弾く手に語りかけるような音色になっています。